スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

或る晩の連邦準備銀行バーナンキ議長

ベン・バーナンキ連邦準備制度理事会議長は、伝えられるところによれば、火曜日に近所のバー(エルウッドのコーナー居酒屋)で酔っぱいらい、皆に話すことを恐れていないと主張し、「私たちの本当の混乱」に関して、合衆国経済が実際どのように酷いかをそこに来ていた客に話しました。
http://beforeitsnews.com/story/902/990/Drunken_Ben_Bernanke_Tells_Everyone_At_Neighborhood_Bar_How_Screwed_U.S._Economy_Really_Is.html

バーナンキ


情報提供者が確認したバーナンキ は「まったく酔っ払っていて」、およそ午後5時30分に飲酒店に現れました。

そしてバーの腰掛に落ち着いて、やかましい中聴く客に対して景気見通しが「もしあなたが神の率直な真実が欲しいならかなり酷くて酷かった」と宣言する一方で、数瓶のミラー・ハイ・ライフとウイスキーの半ダースを飲み尽くしました。

「ご覧なさい、彼らはワシントン D.C. のお偉い方以外の誰かが、糞が本当にどれくらい悪いかを知って欲しくはないんだよ」、とバーナンキは歯切れが悪く言いました。

「抑制されていない消費によって悪化させられ、安心できない負債を上乗せして、連鎖的に変動している利率と避けられない世界的なエネルギー危機の厳しい現実は、やれやれ、糞のために1世代の人全部に節約を残すと予測されると私はあなたに言っているんだよ。」

酔っているバーナンキは、ジュークボックスでエアロスミスの歌「バック・イン・ザ・サドル」を探そうとします。

バーナンキ2


「ちくしょう、我々が正直である限り、もし我々がラッキーであるなら、米国失業率の真の見積りが実際には16パーセント上がり、0.7パーセントの経済成長率があると言う方がまだましです。」―もし我々がラッキーであるなら・・・彼は手のジェスチャーで表現している間、ほとんど完全にビールをひっくりかえしました。

「もちろん、みんながそれを知っているなら、いまいましい地球の向こう側全体の自己自立成長に伴う様々な新興経済でさえ、おそらく金融市場を無力にするだろうね。」


その夜そこに居合わせた、2010年に解雇されたトラック運転手のリチャード Kampmanは、男性トイレでバーナンキに接近して現在の金融危機のさまざまな要因について会話を始めようと試みたと言います。

「彼は便器につまずいて、低迷している住宅部門か何かについてもぐもぐ言い始めた」、と自身を落ち着かせるためにバーナンキは壁に両手をつかなければならなかったと Kampman が言いました。

「それからしばらく後、ただ彼はまあ言わばストップしました、そして私は彼が笑っていたか泣いていたかどうか言うことができません。」

それから彼は洗面所のシンクと鏡中いたる所にゲロを吐きました」、と Kampman が付け加えました。

バーの顧客がリポーターに「泥酔状態」で破壊的なバーナンキが、それは「価値がない」と主張して、米国通貨で彼の飲み物に対して支払うことを拒否したと言いました。

また目撃者は、バーナンキが5回連続でジュークボックスにお金を入れて、ダイアーストレイツの「無駄なお金」を選択したことを確認しました。



本当なのか?それともアメリカンジョークなのか私にははよくわかりません(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

表の情報よりこちらの独り言の方が迫力ありますね。
アメリカ経済の崩壊はすでに決まったことだそうです。
もちろん世界経済も一緒です。
経済崩壊の「引き金」をどの国が何時引くことになるのか・・・
アメリカはその主役にはなりたくないので、世界中に誘い水を投げかけています。現時点では欧州が主役になりそうですね。
プロフィール

mabuhay

Author:mabuhay
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。