スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローレン・モレ:日本、合衆国、放射能もみ消しでのカナダの共謀

ローレン・モレ:日本、合衆国、放射能もみ消しでのカナダの共謀
http://www.examiner.com/exopolitics-in-seattle/leuren-moret-japan-u-s-canadian-governments-complicit-radiation-cover-up
※個人的に興味がある部分だけ訳します


モレ女史の陳述は、2011年8月14日、発表されたアルフレッド・ランブレモントウェブレとの ExopoliticsTV インタビューでされます。

クリス バスビー博士(環境疫学の国際社会とチェルノブイリのウクライナ委員会医者のメンバー)によって福島放射能の影響とレベルに関する法廷宣言が同じく公表されます。

バスビー博士の法廷宣言は、福島エリアから350,000人の子供たちの退去方法を探し、日本での裁判事件として提出されて、公共利益のこの条項の終わりに開示されます。

そのインタビューの模様



日本、合衆国、カナダ政府の共謀

DoE / 日本 - 紛らわしい放射能調査結果と地図

モレ女史は彼女の研究で、紛らわしい放射能調査結果と日本の福島エリアからの放射線レベルについて、政府によって発表された地図は、実際は元来米国エネルギー省によって著作されて作成されたドキュメントであり、そして次に自身のものとしてそれらを公共にしたか、あるいは米国政府と共同でそれらを発表した日本政府の上で、密かに通過したことを暴露し明らかにします。

モレ女史が述べます、「公式の日本 / 合衆国政府の放射能調査結果、日本政府のテレビ・ネットワークNHKテレビに異論をさしはさんで、(環境放射能の日本の退職した主なエキスパート)2011年4月、独立した科学者キムラシンゾウ博士(以前は厚生労働省)、オカノマサハル博士についてのドキュメンタリーを発表しました。

そしてイマナカケイジ博士(京都大学)と3月15日、主要な核災害の後に前例がない独立した放射能調査をし始めた他の人たちがいます。

単に核災害を追う前に、この調査結果は決して報告されていない、非常に短い半減期アイソトープを識別して測っただけではなく、NHKテレビがすぐにそれを大衆に発表しました。

3月16日、原子炉2号機が爆発した日に、キムラ博士は福島プラントから35キロの市立タムラ中学校において土壌と大気のサンプルをとりました。

それらは原発から44km離れた場所に比べてセシウム汚染レベルが2000倍高かったと報告しました。


核:放射性降下物汚染地図を作成するために共同で行なっています
http://www.youtube.com/watch?v=yVzX3gAxp58&feature=player_embedded


それで、米国エネルギー省(DoE)は、スティーブン Chu 博士(エネルギー長官)とスティーヴン Koonin 博士の管理期間の下で、福島 HAARP - 放射能の偽のフラグオペレーションで、それらはBP湾石油流出の時の偽のフラグオペレーションと同じ方法論に従っています。

モレ女史談:「新たにオバマ大統領によって選ばれてエネルギー長官に任命される前に、スティーブン Chu 博士はBP石油から5億ドルの交付金を受け取りました。オバマは合衆国大統領の彼の選挙運動を始めるために、選挙の2年前、同じく英国クラウンから5億ドルを受け取りました・・・。」

「エネルギー長官としてスティーブン Chu 博士は、スティーヴン Koonin 博士(BPのための主任研究員)に DoE の科学オペレーションを行なうように指名しました。イギリスの女王は個人的にBPを所有しています。」

モレ女史は言います、「 DoE / BPのスティーブン Chu エネルギー省長官とスティーヴン Koonin 博士は、オバマ大統領による全権認可に関して、彼らがBPメキシコ湾石油流出においてしたときと福島は同じことをしています。」

Chu 博士と Koonin 博士は、福島(放射能)でもそしてメキシコ湾流出油(毒素)においても共に、人口の被曝を増やしました。

そして彼らはオバマ大統領のためにアメリカ政府の中で行動をしましたので、被爆を防ぐための効果的な行動がとられませんでした。

完全な大統領の監督のもとアメリカ政府は、彼らがBP湾石油流出の時と同じ人口減少アジェンダの結果で、 Chu エネルギー長官と Koonin 博士を通して彼らの後援者、英国クラウンとBPのために、福島から北半球に被曝を増やしています。」


日本の政府& Tepco 当局者は自分の利益のみを追求します

「内閣官房庁長官エダノユキオは、2011年8月13日に福島エリアが安全であると宣言します、そしてそれは嘘です。」

福島ダイアリーは、日本の内閣が核メルトダウンが福島で起きていたことを知っていたと報告し、そして福島住民がその区域から退避を命ずることを阻止しました。2011年3月11日の福島イベントのすぐ後です・・・

Tepco と日本政府は、彼ら自身の退去のために福島エリアですべてのバスを乗っ取って、彼ら自身と彼らの家族が決して放射能の危険を住民に通知しなかったことが表面化しました。

さらに、内閣官房庁長官エダノユキオは、福島イベントの後にシンガポールに彼の家族を避難させ、そして彼らの放射能診断記録を病院で封印しました。」

「日本の内閣官房庁長官エダノユキオは、オバマ大統領から彼の家族を避難させる合図をとったに違いありません。」

「福島大惨事のすぐ後、オバマは放射能の高いレベルの露出が合衆国一面に覆うのを避けて、数週間彼の妻と子供たちを南半球に行かせ、そして合衆国市民に被曝の大きい危険について言及しませんでした。」


カナダ、米国、および日本は一致した行動を取っています

「カナダは福島の世界的な放射能大量虐殺イベントを包み隠す米国の方針に追随しています。合衆国とカナダ政府の両方が2011年3月11日の福島放射能イベントのすぐ後に協調して彼らのモニタリングをシャットダウンしました。」

「カナダはその放射能ステーションを太平洋の海岸から B.C. 内部に動かしました。カナダと合衆国政府の両方が放射線レベルは安全であると述べ続けます、そしてその時実際それは正しくありません。」

モレ女史は「雨が降ったとき、バンクーバー、 BC 、シアトル、サンフランシスコとアリゾナ地域の人々が口の中での塩辛い味を報告しました、そしてそれは空中の放射性セシウム塩のサインです。」と続けます。

モレ女史は「合衆国(ニューヨークとワシントンDC)とカナダ(トロント)の東の都市が危険レベルの放射能を持つ間、トロント、ニューヨークとワシントンDCを放射性降下物から守る HAARP の能力が合衆国の西海岸とカナダ、メキシコとハワイで目標を定めた天気戦争によって作られた高気圧地域を使りカナダの西海岸、合衆国とメキシコに対象を定められた福島からの放射能から守られました。」と、言います。


福島の核放射能の虚偽のフラグが HAARP によって引き起こされます

「科学的な研究者が、福島が地震の3日前に ノルウェーのTromso (日本も共同所有者)HAARP施設からイオン圏の加熱が先に起こされて、そして地震の少し前に2.5 Hz の地震を起こす周波数によって Gakona アラスカ HAARP 施設からの HAARP によって引き起こされたイベントであったことを示す実質的な科学的証拠を提供しました。」

「Geomatics、天災の危険とリスク」2010年2月発行のボリューム1で発行された研究論文は、少なくとも1週間のULF周波数が2つの日本のワイヤレス送信によって地震が引き起こされるとHAARPを疑った出来事の引き金となったというULF異常が提供された新しい証拠に先行しました」

そして科学者は、 ULF シグナルをもっと特定すると、起因した実際の送信機に戻る地震フォーカスから、神戸地震(1995)と関東または東京エリアの北に位置する新潟の近くでの、より以前の地震を三角(地帯)にすることが可能でした。

ULFの異常が先行した他の地震は、サンフランシスコベイエリア、ハイチ地震、スマトラ地震、岩手、鹿児島、伊豆、Pitak、宮城、グアム、およびビアクのロマPrietaでした。

また、科学者は、関東圏(東京)で各種タイプの磁力計でULF/VLF/LF送信機の群れを特定しました。

また、日本(JJY、JJI)と3つの外国送信機(NWC(オーストラリア)、NPM(ハワイ)、NLK(米国))の2個の受信送信機が特定されました。

東南アジアの地震に関連しているワイヤレス送信の時間的解析は、地震を引き起こすことに関与した、日本と北西オーストラリアでの送信機/受信機を特定しました。

日本の東寄りのプレート境界に沿った断層帯では、福島地震の前の赤外線加熱例外のパターンは、5月中旬にMITでNASAの科学者によって報告されて、MITによって発行されたテクノロジーレビューウェブサイトで報告されました。

「表面上、ノルウェーの Tromso からの電離層の説明がつかない速い加熱が地震のたった3日前に直接震央の上に最大限に達しました、人工衛星の発言によれば、HAARPで使われた送信機、 Tromso と Gakona から発散されて方向付けられたエネルギーを示唆することは地震を誘発することに責任があったかもしれません。」

モレ女史は↑この論文に気付きます「日本上空の大気が急速に前もって M9の地震を暖めました:震央上の赤外線の放射が日本で破壊的な地震の前の何日もの間劇的に増加しました、と科学者が言います。」

「同じくMIT報告についてコメントしている科学者が、 ノルウェーのTromso HAARP 施設が福島地震の最高3日前に、(2人の訪問中のロシアの科学者を含めて)イオン圏の加熱実験を行なっていたと報告しました。

前方へ断層地域を暖めている Tromso HAARP は、特別な周波数で蒸気を地域で断層面の「はり付いた」部分を拡大させ、欠陥を引き起こすことによって、公表するべき断層地域で動きが取れなくなっているエネルギーを可能にし、断層地域で自然に発生する水を沸かしました。

2.5 Hz の HAARP シグナルは、 HAARP 地質構造の戦争プログラムで使われた周波数を引き起こす地震であることが知られています。

福島地震の何日も前に2.5 Hz のシグナルは、アラスカ Gakonaの HAARP 施設において HAARP磁力計から伝達され確認されました。」


ローレン・ モレが結論します

「科学は福島地震が HAARP によって引き起こされたという私の陳述を支援します、断層地域のイオン圏の加熱がノルウェーの Tromso HAARP 施設から行なわれました、そして2.5 Hz のシグナルはアラスカ Gakona から伝達されました。」

「これは世界の向こう側に広く配布されて、科学的真理が私の声明に挑戦している状態で、対処されなかった私の声明の堅実な科学的根拠です。」

「福島原子力発電所大惨事の現実は、世界中のどんな原子力施設や発電所でも今、間接的に、そして静かにHAARPによって引き起こされた核地質構造の事象に換えられることができるということです - 新しい種類のいつでも、そしてどこででもコンピュータキーボードから行われる核戦争です。」

「世界の共同体は、内密の世界的な地質構造の核戦争のこの極めて致死的なフォームに対してディフェンスを持っていません、そしてそれは人類のまさしくその生き残り術を脅かしています。」

モレ女史が続けます、「プルトニウムを持つ福島原子炉3号機が融けたとき、その放射能は HAARP 天気戦争能力によって東京に対象が定められました。」

「私は同じく合衆国上のヨードとセシウムの最も高いレベルが2011年4月の HAARP によって引き起こされた竜巻の期間に合衆国の南で計測されたことを指摘しました。」

「私はそれが英連合王国のロイヤル結婚式の期間(2011年4月29日)の間に、そして英国クラウンとBPが虚偽の旗行事(今まで)両方とも、福島、とBP湾流出油の背後にあったことが示されたことを指摘します。」


訴訟が福島から350,000人の子供たちを避難させます

放射能的に汚染されたエリアが2011年6月24日に提出されることに対して、子供たちを避難させるための郡山市の教育委員会を禁止する暫定的な禁止命令と関係を持ったクリスバスビーの主張。

※興味がある方はサイト先でどうぞ


新しいNASAの研究が日本の地震・津波が HAARPとの 関係を示します
http://www.newsbad.com/story/new-nasa-research-points-possible-haarp-connection-japan-earthquake-tsunami/august20115532
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mabuhay

Author:mabuhay
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。