スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4つに分類されるケムトレイル

Chemtrails_08.jpg

私は東京ですが、過去に2回ほど明らかにこれはケムだな怪しいゾという雲を見ました。

しかし、機密解除したNZや成分分析を公表したオーストラリアでさえ止めてないですよね?

ケムは一般庶民が何か文句言ってどうにかなるものですかね?



科学者は調査によりケムトレイルが4つに分かれた軍のプロジェクトに使用されていると決定しました

10年前の記事より
http://www.rense.com/
2001年6月21日 byマイク・ブレア

アメリカの空一面に広がっている神秘的な飛行機雲は一体何ですか?

独立した調査グループが答えを持っているかもしれません。

最もひたむきなサイエンスフィクションファンを魅了する一連のハイテクプログラムでは、軍は『ケムトレイル』(空気を汚染して有毒化学物質でこすった太い、粘着性の飛行機の足跡)として知られるようになったものを生産しています。

2年間、スポットライトは、アメリカ中いたる所の空と多くの外国で飛行機によって残された神秘的な足跡を調査している、医学から核エネルギーまで及ぶ分野の専門家と連絡をとっていました。

空のこれらの「痕跡」は、大規模な数十億ドルのプログラムに引き込まれた軍と民間航空機の組み合わせによって作られていると信じられ、通常空を飛んでいる航空機の飛行機雲と異なっています。

急速に消散する代わりに、これらのいわゆる「ケムトレイル」は、何時間も噛み合って、しばしば天然雲に間違えられます。

空中に堆積させられている主要化学物質は、ペンシルベニア基地のハイテク兵器科学者によって着手された研究で明らかにされた、バリウム塩の種々の混合でできています。

化学物質は、デイトン(オハイオ)のライト - パターソン空軍基地で新しいレーダーシステム開発の一部として利用されていた、と彼が言いました。

中略

ロングアイランド(ニューヨーク)のブルックヘイブン国立研究所に関連した物理学者によるケムトレイル研究にかなりの努力がそそがれました。

科学者は、同僚の研究者と一緒に、ケムトレイルは少なくとも4つの主要な別々のプロジェクトが軍の努力によって作られていると決定しました。

最初のプロジェクトは、地上エリアでオゾンの適切な層を伴わずに伝わるであろう紫外線を含む太陽光線が地球を襲うのを妨げる努力です。

地球温暖化現象の場合、これは表面上地球の温度を下げて、人の皮膚がんの発生を防ぐため、紫外線を阻止することができました。

この場合、スプレーされているエアゾールは、おそらく類似の特性を持っているアルミニウム酸化物か化合物で、バリウム混合を使わない政府計画のただ1つのものです。


ブラックプロジェト?

第2の、そして最も秘密のプロジェクトは、コンピュータ-プログラムのグループをカバーするシステムである、海軍の無線周波数のミッションプランナー(RFMP)プログラムです。

サブプログラムがサポートする1つが可変的な地形ラジオとして放物線状の方程式あるいは VTRPE を認識します。

これは電波を扱って RFMP システムに、視覚的に3次元テレビタイプのスクリーンで戦場の地形を見ることができるようにするコンピュータ無線周波数増殖プログラムです。

また、RFMPシステムは、地面から得られた戦場の写真イメージを補うために人口衛星に頼り、その結果3次元のイメージを作り出します。

レーダースクリーンに描かれる対話型ピクチャーを提供する際に、RFMPシステムで戦争任務が起きる前に、さまざまな「what if ?」の多種多様さをプレーすることによって、コンピュータオペレータは「環境」との精通を開発できます。

コンピュータ・スクリーンの上のバーチャル戦争のシナリオ。

無線周波数普及のすべての主要モードは、コンピュータ(RFMP システム)で型取られ、特別な、時々直感に反する事例が詳細に調べられて戦いの間に利用することができます。

最初、 VTRPE のコンピュータ・プログラムは、ただ沿岸地域の水上に沿った正確なシステムのレーダー波が「ダクティング」として知られている大気の条件を土地の上に正確に作用するために必要としたので各諸国では機能しませんでした。

この「ダクト」問題は、大気中へバリウム塩の混合物のエアゾールを放出することによって、解決されました。

したがって、バリウムエアゾールのベースが航空機から放出されている状態で、それらは大気中の無線周波数の「ダクト」を作ることができます。

研究者のひとり(ブルックヘイブンからの物理学者)はプロセスがどのように機能するか説明しました。

混合物の化学的な電気の特徴は湿気を雲に留まらせます。
「エアゾールは、電気と RFMP / VTRPE 戦争のために RF ダクトをサポートする環境化学物質のシステムを引き起こします。」

「一筋にスプレーすると、エアゾールからのバリウム塩の混合物は、Bを指すためにダクトの経路フォームポイントAを提供し、その経路に沿って地球の湾曲の両方の方向に、高周波コミュニケーションを可能にするでしょう。」と、彼は言いました。

「敵の短波コミュニケーションは、直線コースBダクトへのラインA媒体によって、より容易にモニターすることができます。」

3つ目のプロジェクトは同じく大気中のバリウム塩の混合物を利用して、天気のコントロールを伴います。

それは空軍のプロジェクトで、そして地上電離層に対して元来有名な科学者 ニコラ・テスラによって展開された無線周波数放射能の概念を利用します。

いわゆる HAARPプロジェクトとして知られていて、それは環境の延命装置システムを操作し、テストをして軍の利点のためにそれらを変更しています。

空軍ドキュメントは、独立した研究者によって得られ、「危険は高いが、しかし見返りはその価値があることを示します。」

湿気をサポートして、バリウム塩の混合物は、気象前線に沿って実施され、制御された方法で操作されます。

電子レンジエネルギーが天気制御プログラムで同じく利用されていると信じられます。

また、気象データはRFMPシステムに関するVTRPEプログラムへの必要な入力です。

軍の完ぺきな天気コントロールテクノロジーは、雨を抑え、洪水を起こし、干ばつを起こし、嵐を起こして、日光を抑え、食用作物に損害を与え、そして攻撃せずにどんな国でも屈服させることができるでしょう。

4つ目の大気プロジェクトは、敵の生物学の攻撃を発見して、汚染を除去する手段として国防先進調査事業機関(DARPA)によって運営されています。

プログラムは特別な重合体繊維とともに、エアゾールで同じくバリウム塩の混合をベースとして利用します。

組み合わせは生物学的因子の検出を許します。

若干の生物剤が実際に、検出と浄化システムをテストして、試験的に大気の中に放たれました。

大気の中のバリウム塩、重合体繊維、および他の化学物質が説明されない鼻からの出血が、直接または間接的に原因となるかもしれない物理的な刺激物と、喘息と、アレルギーと、肺炎と、上部の呼吸器疾患と関節炎のようなシステムであると信じられています。

大気の中にスプレーされた化学物質が、カビとバクテリアの成長を刺激する間、人と動物に有害であるかもしれない空と地上の状態を引き起こしています。

バリウム塩、アースメタルは、筋肉と他の組織の中から容易に胃腸の中に吸収する毒素です。

人にとってのバリウムの長期効果に関するケースデータは入手不可能です。

「環境庁と国営環境局は、生物学のこれらの非合法の有害物の代謝副産物について「知らない」必要性があるのでプログラムは秘密のままです」、と研究者の1人が言いました。

「それは結束されたプロジェクトが持っているその理由で市民には秘密にしておかれました。」

以下、米国軍の実験的なハイテク装置のテスト概要については省略。


機密指定から外されたNZ防衛力報告書は、ケムトレイルが病気の発生に関連づけられたことを明らかにします
http://chemtrailsnorthnz.wordpress.com/2010/12/29/declassified-nz-defence-force-reports-reveal-a-chemtrail-was-linked-to-outbreak-of-illnesses/

天気修正に関する合衆国の法律
http://www.scribd.com/doc/12896975/US-Law-Weather-Modification-Experimenting
http://uscode.house.gov/download/pls/15C9A.txt

上院法案 S.601 - ケイ・ベイリー・ハチスン上院議員とジョン・ロックフェラーが後援する天気「緩和」法案
http://www.govtrack.us/congress/bill.xpd?bill=s111-601

天気を完全に自由自在にするエアフォース2025資料
http://csat.au.af.mil/2025/volume3/vol3ch15.pdf
http://csat.au.af.mil/2025/concepts/11ta_ndx.htm

HAARPをカバーしている軍のサイト
http://www.navy.mil/search/display.asp?story_id=21914
http://oai.dtic.mil/oai/oai?verb=getRecord&metadataPrefix=html&identifier=ADA134923

雪を降らせる方法
http://water.usgs.gov/wrri/09grants/progress/2009WY46B.pdf

テーマ : ひとりごと
ジャンル :

或る晩の連邦準備銀行バーナンキ議長

ベン・バーナンキ連邦準備制度理事会議長は、伝えられるところによれば、火曜日に近所のバー(エルウッドのコーナー居酒屋)で酔っぱいらい、皆に話すことを恐れていないと主張し、「私たちの本当の混乱」に関して、合衆国経済が実際どのように酷いかをそこに来ていた客に話しました。
http://beforeitsnews.com/story/902/990/Drunken_Ben_Bernanke_Tells_Everyone_At_Neighborhood_Bar_How_Screwed_U.S._Economy_Really_Is.html

バーナンキ


情報提供者が確認したバーナンキ は「まったく酔っ払っていて」、およそ午後5時30分に飲酒店に現れました。

そしてバーの腰掛に落ち着いて、やかましい中聴く客に対して景気見通しが「もしあなたが神の率直な真実が欲しいならかなり酷くて酷かった」と宣言する一方で、数瓶のミラー・ハイ・ライフとウイスキーの半ダースを飲み尽くしました。

「ご覧なさい、彼らはワシントン D.C. のお偉い方以外の誰かが、糞が本当にどれくらい悪いかを知って欲しくはないんだよ」、とバーナンキは歯切れが悪く言いました。

「抑制されていない消費によって悪化させられ、安心できない負債を上乗せして、連鎖的に変動している利率と避けられない世界的なエネルギー危機の厳しい現実は、やれやれ、糞のために1世代の人全部に節約を残すと予測されると私はあなたに言っているんだよ。」

酔っているバーナンキは、ジュークボックスでエアロスミスの歌「バック・イン・ザ・サドル」を探そうとします。

バーナンキ2


「ちくしょう、我々が正直である限り、もし我々がラッキーであるなら、米国失業率の真の見積りが実際には16パーセント上がり、0.7パーセントの経済成長率があると言う方がまだましです。」―もし我々がラッキーであるなら・・・彼は手のジェスチャーで表現している間、ほとんど完全にビールをひっくりかえしました。

「もちろん、みんながそれを知っているなら、いまいましい地球の向こう側全体の自己自立成長に伴う様々な新興経済でさえ、おそらく金融市場を無力にするだろうね。」


その夜そこに居合わせた、2010年に解雇されたトラック運転手のリチャード Kampmanは、男性トイレでバーナンキに接近して現在の金融危機のさまざまな要因について会話を始めようと試みたと言います。

「彼は便器につまずいて、低迷している住宅部門か何かについてもぐもぐ言い始めた」、と自身を落ち着かせるためにバーナンキは壁に両手をつかなければならなかったと Kampman が言いました。

「それからしばらく後、ただ彼はまあ言わばストップしました、そして私は彼が笑っていたか泣いていたかどうか言うことができません。」

それから彼は洗面所のシンクと鏡中いたる所にゲロを吐きました」、と Kampman が付け加えました。

バーの顧客がリポーターに「泥酔状態」で破壊的なバーナンキが、それは「価値がない」と主張して、米国通貨で彼の飲み物に対して支払うことを拒否したと言いました。

また目撃者は、バーナンキが5回連続でジュークボックスにお金を入れて、ダイアーストレイツの「無駄なお金」を選択したことを確認しました。



本当なのか?それともアメリカンジョークなのか私にははよくわかりません(笑)

米国内で大量の軍用車両が大移動

米国内で大量の軍用車両が大移動しました。

これらは通常の出来ごとのようにも思えますが、最近多くの海外サイトが取り上げています。

多くの軍用車両が外国部隊を意味する無印車両とのことです。

もしかしたらペンタゴンが2万人の内部部隊を配置したことと何か関連性があるのかも知れません。


もの凄い数の軍用車がオレゴンを通って旅行中

http://www.youtube.com/watch?v=y1eTdj2JgQo



レッドブラフのダウンタウンを通って7月25日に Yermo 、CA、に向かっているポートランド(オレゴン)からの軍用列車


http://www.youtube.com/watch?v=mTUgsPfWiwM&feature=player_embedded

このブログは独り言です、気にしないでください

※ここあった過去記事はすべて削除しました。

2年前の10月にブログ開設していたけど他のブログに慣れていたためこちらはずっと放置。

日常の話題とあまり知られていないトンデモ系の海外の話題を書きたいと思います。

つまり、マジメなブログではないので気楽に読み流して頂けたらと思います。

尚、英語の訳は苦手な為、翻訳ソフトを多少手直した程度ですから間違いもありますので事前に書いておきます。


さて、気になることと言えばまずは放射能汚染ですが大変な数字が出てしまいましたね。

 border=
ガンマ線カメラの映像: 赤いところは10シーベルトを示しているそうですhttp://www.msnbc.msn.com/id/43982727/ns/world_news-asia_pacific/


まあ、ニュースで報じられている通りですが・・・


これだけじゃつまらないのでトンデモ科学をひとつご紹介・・・

じゃなくてこちらは新しい研究の天文学だそうでコレが真相なんだと主張してます。


地球は太陽を旋回しません
http://coupmedia.org/astro-physics/earth-does-not-orbit-the-sun-2707
私たちの教育は、今まで嘘をつかれてきたか、または真実全体を教えていません

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=-NH5yK3ZN54




アルバート・アインシュタインでさえ2次元の太陽系モデルが完全に数学的証明に達しなかったことを悟りました。
(※地球が回っていることは過去誰も証明できていないらしい)

物質が変化する可能性を波形に招き入れて、次元から次元まで動くことがこの非太陽中心の多次元の時間という新しい考えに関する多次元のスペースの可能性に拍車をかけるという新しい発見

古典物理学で、量子力学(QM)を解釈するのは古い話題のように思われます。

そして、統一された理論が物理学の国境にあります。

しかし、量子物理学と関連性の原則が非常に異なっているので、QMと関連性の間で本当に基本原理を統一せずに完成されるように、4つの自然力を統一しようとするというどんな理論も考えるべきではありません。

このレポートは、2つの余分の次元の時間を量子の隠された変数として使用することによって量子物理学を解釈するでしょう。

私は基礎量子物理学、相対性とひも理論を結ぶために3次元の時間がブリッジであることを示します。

6次元の時空幾何学のアインシュタインラグランジアンから、隠されたベームの量子変数理論の「量子の可能性」が得られます。

む、む、難しいので興味のある人はサイト先でどうぞ

プロフィール

mabuhay

Author:mabuhay
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。